意外と多い保健師のストレスについて

保健師という仕事は、とてもストレスが多い仕事だと言われており、中でも行政保健師となると最もストレスが多いと言われています。保健師の仕事は一人で判断をする事がとても多い為、何かがあり、迷う所があったとしても相談をする事ができずに悩み、ストレスを感じてしまう事が多くなっています。

経験が浅い状態で保健師として仕事を行っていると、相談をしたいことであったとしても、相談相手がいないという事が最大のストレスとなる上に、家庭訪問などが業務の内に入っており、それを行った時に良い顔をされずに苦情を言われてしまうケース等もあるので、それらが心因的に辛いものとなり、ストレスが蓄積される結果となってしまう事があります。

しかし、そのような結果になる前に適しているのは、アドバイザーなどがいて、転職する前にどのような状況下での求人を行っているのかについて記載しているところです。精神的な苦痛を緩和して働く為にも、専門家からのアドバイスをもらって職探しをする事はとても大事です。