助産師の資格を得る方法について

助産師になるには、看護師免許を取得した後で、助産師学校などで1年以上の専門教育と実習を受け、国家試験に合格すると資格が得られます。助産師養成指定校としての認可を受けている看護大学では、この資格を得るための講義や実習を、看護師養成の教育とともに行う事で、4年間で看護師と助産師の両方の国家試験の受験資格が与えれれます。

現在は、4年生の看護大学に選択制の助産コースを設置するところが増えてきましたので、短期大学の助産専攻科や助産師学校は減る傾向にあります。しかし、4年生の看護大学においても、少子化と看護教育の充実にむけて時間が必要なことから、助産技術の取得が難しくなってきており、看護大学卒業後看護師免許を得た後で、大学院や専攻科などで学んでから、国家試験を受験する人が増えています。

そしてその活動は、親になるための準備や産前教育から、婦人科の一部領域と家族計画そして育児にまで及びますので、地域社会の中で重要な役割を担っています。ただ、日本では、この職業は今のところ女性のみが就く事が出来、男性には解放されていません。