助産師の資格を得る方法について

助産師になるには、看護師免許を取得した後で、助産師学校などで1年以上の専門教育と実習を受け、国家試験に合格すると資格が得られます。助産師養成指定校としての認可を受けている看護大学では、この資格を得るための講義や実習を、看護師養成の教育とともに行う事で、4年間で看護師と助産師の両方の国家試験の受験資格が与えれれます。

現在は、4年生の看護大学に選択制の助産コースを設置するところが増えてきましたので、短期大学の助産専攻科や助産師学校は減る傾向にあります。しかし、4年生の看護大学においても、少子化と看護教育の充実にむけて時間が必要なことから、助産技術の取得が難しくなってきており、看護大学卒業後看護師免許を得た後で、大学院や専攻科などで学んでから、国家試験を受験する人が増えています。

そしてその活動は、親になるための準備や産前教育から、婦人科の一部領域と家族計画そして育児にまで及びますので、地域社会の中で重要な役割を担っています。ただ、日本では、この職業は今のところ女性のみが就く事が出来、男性には解放されていません。

保健師の転職を手堅く探すには

保健師として転職を行う時、手堅く勤務する事ができる職場を選びたいという事は、誰もが望むものです。保健師として転職を行う時に、前職と比較してどのようなところが良いのかといった事も大切な事なので、保健師としての転職を行う際には、職場の雰囲気や環境などの情報を提供してもらえるような専門転職サイトを利用すると、求人情報内容と現状が違うといったような事が起こらずに済みますし、専門性の高いスタッフがいる職探しの場であれば、より具体的に不安な事を解消した上で職場探しを行う事ができるようになります。

専門的分野の転職サイトとなると、大体の場合には、専門職に関しての知識を持っているアドバイザーが存在しています。アドバイザーによってアドバイスをもらえる環境で仕事探しをするのと、個人で探すのとでは大きな差が生じますし、希望が叶う職場かどうかについても聞き出す事ができるようになるので、不安な事が多い状態で求職活動をする方でも、保健師として働く場を探す事がしやすいです。

意外と多い保健師のストレスについて

保健師という仕事は、とてもストレスが多い仕事だと言われており、中でも行政保健師となると最もストレスが多いと言われています。保健師の仕事は一人で判断をする事がとても多い為、何かがあり、迷う所があったとしても相談をする事ができずに悩み、ストレスを感じてしまう事が多くなっています。

経験が浅い状態で保健師として仕事を行っていると、相談をしたいことであったとしても、相談相手がいないという事が最大のストレスとなる上に、家庭訪問などが業務の内に入っており、それを行った時に良い顔をされずに苦情を言われてしまうケース等もあるので、それらが心因的に辛いものとなり、ストレスが蓄積される結果となってしまう事があります。

しかし、そのような結果になる前に適しているのは、アドバイザーなどがいて、転職する前にどのような状況下での求人を行っているのかについて記載しているところです。精神的な苦痛を緩和して働く為にも、専門家からのアドバイスをもらって職探しをする事はとても大事です。

看護師以外の看護職(保健師・助産師)について。